2010年10月10日

麦みそを配布しました


今日は、川口市の横曽根で西地区フォーラムがあります。盛大に終わって、終了後、「茶色の小びん」さんでスタッフと参加者の交流会が開催されました。

その席で、川口の麦みそ復活プロジェクトに話題になりました。参加者の方にはたいへん興味深くきいていただきました。
101010_2031~01.jpg


おみやげに麦みそをすこしづつ配布しました。コラボの冷蔵庫に常時あります!
101010_2032~01.jpg

またこういう機会をつくりたいと思います。




posted by コラボブログ at 23:46 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

西地区フォーラム に参加しました


10月10日、川口市の西地区(川口市飯塚周辺)の西公民館で、「西地区フォーラム」が、市民活動と行政との協働推進懇談会の主催で開催されました。

地域の町会、自治会、管理組合、NPO団体、まちづくり団体、地域福祉の関係者73名が一同に会しました。
1010~01.jpg

コ・ラボのスタッフも地域の一員として参加し、お手伝いさせていただきました。
1010~02.jpg

地域の自治や協働について2時間にわたり意見交換し、大変有意義な時間でした。
posted by コラボブログ at 22:13 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年10月09日

たべるおかず味噌


「日南市じとっこ組合」にいきました。各地にできているようですが、私がいったのは新宿店です。帰りがけに「たべるおかず味噌」をプレゼントしてくれました。

101009_1450~01.jpg

 九州ならではの、やや甘めの麦みそに、松の実、こんぶ、いりこなどが入っていて、とっても味わい深い味噌です。
101009_1448~01.jpg

ごはんにも、お酒にもあいそうで、嬉しいです。ありがとうございました。

JR川口駅前にもあります。

日南市じとっこ組合 川口店
http://r.gnavi.co.jp/p673603/




posted by コラボブログ at 23:29 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年09月23日

ごへい餅 見学会

秋の川口で開催されるB級グルメ大会で「麦みそ」の「ごへい餅」を出せないか検討を始めました。歩きながらかんたんに食べれて、味噌の味を堪能できるからです。
ごへい餅を出しているイベントを探したところ、代々木八幡神社(渋谷区)のお祭りで出ているという情報をキャッチし、さっそくいってみました。

鉄板で焼いていました。
100923_1440~03.jpg

味は3つ。おいしそうです。
100923_1440~02.jpg

スピードをあげて、行列をどうさばくか?を知りたかったのですが、あいにくの雨で、お客さんが少なく、残念でした。つくり方はたいへん参考になりました。
posted by コラボブログ at 22:47 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年09月19日

昔ながらの食料品店を訪ねました

最近は、勉強になる場所に出かけるようにしています。

小田急線の成城学園前にあるカワキタ商店さんを訪ねました。

ここは、昔ながらの食材が、きれいに販売されています。こういう店に入るとほっとします。
麦みそも売っていました。

100919_1512~01.jpg

ついつい買い込んでしまいました。


カワキタ商店のホームページ
http://www.miyazakiya.co.jp/kameya/kameya2.html
posted by コラボブログ at 22:37 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

地元子ども会とのコラボイベント大成功!!

過去にこのブログでも告知しました「トレジャーハントin西川口」の打ち上げをコ・ラボにて行いました。

8月に行われたイベントでは、小・中・大学生がグループになって西川口を歩き、まちのいたるところに設置されたクイズを一緒になって考えました。世代を超えてコミュニケーションを深め、また大人や子どもも含めまちづくりについて考える良い機会となりました。

大学生はあくまでサポート役。中学生が中心となってクイズの作成やイベントの運営を行うことで、これからのまちづくりを担う人材の育成にもつながりました。ご父母の方からもご好評を頂き、大学生にとっても社会的なアクションを行う自信になったと思います。地域をあげてこのような人材育成の仕組みを維持して行く事ができれば、とても素敵な事ですね。


trehan.jpg
中心メンバーとなった中学生との打ち上げも大変盛り上がりました!
色々な世代が一つ場所に集えるというのは本当に貴重なことですね。


イベントに際してご理解ご協力を頂いた地域の皆様方、本当にありがとうございました。また来年も(?)どうぞよろしくお願い致します。
posted by コラボブログ at 10:38 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年09月05日

開設1周年

本日9月5日はコ・ラボ西川口が開設された日です。
今日でちょうど一周年を迎える事になります。
去年の今頃はちょうど上海との衛星会議をやっていたかと思うと、なにか感慨深いものがありますね。

昨年のコ・ラボ西川口開設記念式の様子

時が経つのは速いものですが、一日一日を大事にしてこれからも西川口のまちづくりに取り組んで参りたいと存じます。

これからもご声援のほどよろしくお願い致します。


IMGP7308.JPG


表の植物も一年でだいぶたくましくなってきました☆
posted by コラボブログ at 12:36 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年08月20日

親子の節句はショウガで祝おう 8月20日


 川口では、昔し、8月20日、「バカムコ(若婿)の節句」といって、結婚して家を出た婿や嫁が、ショウガをもって実家に帰ってくる習わしがありました。

21.gif
バカムコ(若婿)の節句(8月20日)

 二十日盆とも呼ばれる藪入りの習慣です。昔しは奉公人の休暇日で、地獄もお休みとされる日です。川口の盆は月遅れで、8月20日が二十日盆のところが多いです。
 川口では「バカムコ」の節句という、なんともユーモラスな名前をつけました。<バカ>は<若>が訛って転化したものです。飾り気なく素敵な名前だと思います。

 この日はショウガをもって帰るのが習慣だったそうです。
 どうしてショウガ?と思いましたが、川口は矢生姜(筆生姜、はじかみ)が特産です。

p_ya-shouga.jpg
矢生姜(転載

 結婚したばかりの若い二人が理由をつけて実家に帰る貴重な機会だったと思います。新しい生活に不慣れなカップルが骨休めしながら親にあれこれ相談したり、体にいいショウガで親を気遣う子の姿がほのぼのとうかびます。

 川口発で、日本の伝統に由来する「親子の節句」として日本に広めたらと思います。

 現代社会は、核家族化が進んでおり、夏休み最後の日に、親子や孫とのふれあいをつくるのはとてもいいことだと思います。行政、商店街や農協などで連携して、8月20日の親子の節句をPRし、ショウガやショウガを使った食品をPR、販売できたら素晴らしいです。

a17-18.jpg
しょうが湯の例(載転



 
posted by コラボブログ at 01:53 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年08月19日

鋳物のカエル ペーパーウェイト


川口市幸町3丁目の masuii R.D.R で鋳物でつくったカエルのペーパーウェイトを見つけました。

100819_1851~01.jpg

ユーモラスで気に入ったので、買いました。八田真太郎さんの作品です。

masuii R.D.Rの増井真理子さんには、39アートでお世話になっています。増井さんによると、鋳物でつくった後、やすりをかけて味を出しているのだそうです。おもしろいですね。

こういう身近なアート作品が川口にもっと増えてくるといいなと思います。
posted by コラボブログ at 23:57 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年08月16日

外国人旅行者が本当に増えました

西川口に外国人の旅行者がほんとうに増えました。
カバンをもって、日本語はカあタことで、困っている人がたくさんいます。

まちでもっと歓迎するしかけをつくっていけたらと思います。

100807_1539~01.JPG
posted by コラボブログ at 15:12 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年08月12日

旧田中家住宅を訪ねました。

旧田中家住宅を訪ねました。

田中家は味噌で財をなしました。とくに「麦みそ」の特色があったようです。
展示室では、昔の川口元郷あたりの風景を再現した絵がありました。

100812_1121~01.jpg

味噌の醸造の図もありました。
100812_1121~02.jpg

麦みそは、どんな味だったのかだろうかと思います。
知っていらっしゃる方がいたらぜひお教えてください。


旧田中家住宅ホームページ
http://www.city.kawaguchi.lg.jp/kbn/Files/1/69350006/html/index.htm
posted by コラボブログ at 22:38 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

川口元郷に残る「みそ蔵」の見学会

今日は、川口元郷の味噌醸造元の池田さんのみそ蔵の見学会を行いました。建築家の
市川均さんにきてもらいました。
100812_1049~03.jpg

立派な建物です。今は使っておらず、お神輿を収めてありました。
100812_1056~02.jpg

これがみそ蔵です。中に入ると静かで、ひんやりとします。市川さんによれば、構造はしっかりしているので、直せば十分使えるということでした。

100812_1057~01.jpg


川口は本当に資源がたくさんあると感動しました。
posted by コラボブログ at 22:29 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年08月08日

ベーゴマ大会at西川口

コ・ラボ西川口の前で、ベーゴマをして遊んでいたら、なんだなんだと、いろいろな方が集まってきて、想定外にベーゴマ大会になってしまいました。

100807_1553~01.JPG

今の50代以上の方は、本当にうまいですね。コツがすこし勉強になりました。

100808_1152~01.JPG
posted by コラボブログ at 22:10 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年08月07日

セカイカメライベント準備中

セカイカメラを使ったワークショップを8月7日、8日、西川口で計画、準備中です。
softbank, docomo, au の協力を得ました。

100807_1457~00.JPG

モスバーガー西川口店さんにもチラシを置いてもらいました!ありがとうございます。

100808_1146~01.JPG

西川口ストーリーを見ながらキーワードを探すというものです。

100807_1458~02.JPG


学生のブログへ
http://ameblo.jp/kurishi1204/entry-10597808161.html
posted by コラボブログ at 09:00 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年07月23日

学生による西川口のまちづくりアクション本格始動

早稲田大学、日本女子大学の学生が西川口で自らまちづくりプロジェクトを企画・実行する取り組みが活発になってきました。その概要をご紹介します。

IMGP1616r200.jpg


『トレジャーハント in 西川口』
小学生、中学生、大学生がグループになって、西川口を歩きながら問題を解いていく多世代交流イベントです。今まで知らなかったまちの面白いところ(お宝)を参加者同士で共有し、交流を深めます。西川口の子ども会とのコラボレーション企画です。


『西川口 宝探しツアー 〜拡張現実を体感せよ!〜』
iPhoneなど携帯端末のカメラを通して街の中を見てみると、ネットから投稿された情報が吹き出しのように浮かんで見える「セカイカメラ」。現実の世界にバーチャル世界を重ね合わせる拡張現実(AR)と呼ばれるものです。このソフトを利用して西川口で宝探しをしようというプロジェクト。街の各所に設置してあるエアタグからキーワードを探します。キーワードの数に応じて景品を進呈!
(この企画はsoftbank の後援を得ています。)


『晩飯メルマガ@西川口』
西川口には素敵な個店が沢山ある。チェーン店ではなくそうしたお店で食べてコミュニケーションも深め、地域を知るきっかけにしたらどうか。お得なクーポンとまちの情報をメールマガジンで発信する実験です。


『西川口植花プロジェクト』
西川口の景観を統一感のあるものにし、住民に愛着を持ってもらう。そのために街路にお花を植えるプロジェクトです。現在、地域の花壇や街路端について現状を調査中。西川口がお花でいっぱいになるかも??


『チョークアート教室プロジェクト』
チョークアートの先生をお招きしてカルチャー教室を開きます。西川口にチョークアートの看板を普及させ、お店の販促、町並みの美化、コミュニケーション促進等につなげます。


『お弁当コンテスト』
学生が応募し、学生が選ぶお弁当コンテスト。学生視点で現代の食生活を見直し、社会に問いかけを行うイベントです。偏食、個食、孤食など食のあり方を一緒に考えてみませんか?


『グローバルワークショップ』
外国人が多く住む西川口で、異文化交流を進めるプロジェクトです。同じ地域に住む者としての認識や、そこでの問題を共有し、問題解決に取り組む基盤を作ります。ワークショップの形式で学生がファシリテーターとして間に入り、コミュニケーションを促進します。


『灯りに誘われて 〜手作り提灯をかかげよう〜』
暗い通りで営業されている飲食店の店構えは、知らない人にとって関わりづらく感じてしまう。そこで、「提灯」という灯りを町中に灯し、通りのイメージや共通の店構えをすることで一体感を作り出します。


『NPOネットワーク・プロジェクト』
NPOなどの団体の活動をネットワーク化する仕組みを構築し、より多くの住民にまちづくりに関心を持ってもらう取り組みです。現在、川口のNPOや既存のネットワーク化活動について調べを進めています。


『西川口におけるアンケート調査』
西川口の住民の方々が現状をどう捉えているのか、また街にどのようなものを望んでいるのか、アンケート調査によって明らかにします。


『護身術体験会』
西川口に数ある武道・格闘技のジム・道場に協力していただき、護身術の体験教室を開きます。現在、地元の夏まつりで教室が開けないかと協議中。老若男女が参加でき、また祭りの一角で行うことで街のイメージを変える実験です。


『早稲田祭から起こすムーブメント』
毎年多くの人で賑わう早稲田祭。そこで西川口のグルメを販売し、早稲田と西川口をつなげるおいしい試みです。現在事務局と交渉中。


各プロジェクトについての経過・詳細は追って更新いたします。
posted by コラボブログ at 13:37 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年04月05日

早稲田大学都市・地域研究所を訪問

本日4月5日、西川口まちづくり合同会社のメンバーが、早稲田大学都市・地域研究所(東京・新宿区)を訪問しました。

100405_1407~01.jpg

まちづくりの構想から、組織づくり、建物の設計、事業計画まで一貫して参加型でおこなっています。模型とCCDカメラをつかったシミュレーションで、きめ細かく街並みのスタディをしているところです。

説明する岡田昭人研究員とさっそくディスカション。
100405_1410~01.jpg

今後の展開が楽しみです。


posted by コラボブログ at 23:51 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年03月23日

地域資源活用研究会でメニュー開発ワークショップ

3月23日、地域資源活用研究会のメニュー開発ワークショップがコ・ラボ西川口でおこなわれました。今回は試作品の試食とわいわい議論です。

100323_1427~01.jpg
まずは、メンバーが試作した串あげの試食。

100323_1505~01.jpg
一見同じに見えますが、様々な揚げ方、味付けにチャレンジ。


100323_1426~02.jpg
食べながら議論に熱が入ります。


次に、生カキ。
100323_1551~01.jpg

離島キッチンでお世話になった海士町観光協会の佐藤喬さんに島根県隠岐の島産岩牡蠣『春香(はるか)』を送っていただきました。生ガキが宅急便(冷蔵)で届きました。

大きい!LLサイズ?

100323_1541~03.jpg
どんどん殻を開けてゆきます。さすが飲食店主のメンバー。

レモンをしぼって、、、。ぷりぷり、至福の時です。

海がない埼玉だから、沿海部地域とのダイレクトのコラボは大変新鮮で、夢を感じています。
この調子で今後も続けて開催してゆきます。
posted by コラボブログ at 23:40 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年03月19日

西川口ストーリー

「西川口ストーリー」という小冊子を作成しました。

nishikawaguchistory.jpg

平成21年「商店街と大学の連携による協働体制構築事業」(全国商店街支援センター)の成果物です。商店街、大学、NPO、企業家、住民、行政等の協働による西川口のまちづくりの流れをわかりやすく読み物のように編集しています。

 ところでこの表紙の写真はどこかお分かりでしょうか?分かった方は西川口通(つう)?。答えは裏表紙に書いてあります。

2010年4月よりコ・ラボ西川口で無料で配布の予定です。

以下pdfでもご覧になれます。
http://www.colabnishikawaguchi.jp/files/nishikawaguchistory.pdf
ファイルサイズが重い(85.7MB)のでご注意ください。

またご感想などこちらへいただければ幸いです。
info@colabnishikawaguchi.jp
posted by コラボブログ at 04:06 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年02月12日

映像のまちづくりワークショップ開催

2月12日、西川口の映像のまちづくりを考えるワークショップをコ・ラボで開催しました。
 佐藤洋一(早稲田大学社会科学総合学術院 *4月より)、高橋恭子(早稲田大学芸術学校)、小嶋慶也(NPO法人埼玉県映像の街推進委員会)、小川巧記(ビッグバンハウス)、沼田真一(ビッグバン・ヌマ)の各氏と、西川口まちづくり合同会社のスタッフと早稲田大学の学生が参加、西川口が映像切り口としたクリエーターやアーティストをインキュベートするまちをどうめざすかの戦略について活発に意見が交換されました。

100212_1042~01.jpg

最初にクリエイティブな環境や雰囲気がまちにあることを重視する創造都市の考え方が西川口で可能性があることを確認した上で、まちがクリエーターやアーティストはまちを好きになって何かしたいと考える人は少なくないが、まちとして積極的に歓迎し受け入れるような相思相愛になることが難しいこと、それができなければ無理に誘致をしてもやがてクリエーターやアーティストは仕事があって便利な東京にやはり出て行ってしまうこと、などの現実を共有しました。

クリエーターやアーティストが入居するインキュベート施設のプロジェクトについて意見交換しました。ひとつの建物で一定規模のグループで暮らせたら良いこと、既存のネットワークのグループとインキュベート施設の入居メンバーが連携していけば地域に大きなインパクトがあること、建物や利用ルールの条件などを話しました。

100212_1042~02.jpg

地域の社会的イノベーションを加速させるためには地域の関心や気持ちを高めることが必要ではないか、そのためにクロスメディアのイベントを企画してはどうか、その際に、市民が参加するイベントを提供するのではなく、イベント自体を市民参加でつくりあげてゆくことが重要であり、文化とまちをつなげたまちづくりのネットワークを広げることが何より重要、などの意見が出されました。

100212_1042~03.jpg

きっかけとして、西川口の歌をつくり、それに合わせた映像を募集したらどうか、まずは街の宝さがしをイベント的にしたらどうか、それを踏まえイメージを「まちづくり憲章」にまとめながら周知を広げたらどうか、などの意見が出されました。

第一線で活躍している皆さんだけに活発な意見が創発し、非常に刺激的な時間でした。
 コ・ラボ西川口ではこの議論を継続してゆきたいと思います。
posted by コラボブログ at 20:30 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年02月10日

まちはみんなでつくるものフォーラム

2月10日の夜、「まちはみんなでつくるものフォーラム」(主催:川口市+市民活動と行政との協働推進懇談会)がキュ・ポラのフレンディアで開催されました。

100210_1507~01.jpg
協働推進懇談会と市職員のスタッフ打ち合わせ

 町会、NPO、行政職員、議員等、270名が一同に会して協働について議論するユニークな試みでした。川口市で初めてのことだそうです。
 今回のフォーラムでは、市内のNPO法人や町会、また大学の研究室など、様々な団体が、日頃の活動を紹介するパネル展示のコーナーやカフェのコーナーも設けられました。
 会場では、来場者がパネル団体のプレゼンテーターから活動の説明を聞いたり、多様な団体の間で意見交換がなされました。

 第二部で事例報告がおこなわれ、コ・ラボ西川口について、早稲田大学の橘麻由(大学院2年)さん、石塚高秋(4年)さんが、大学が参画した地域協働のモデルとして紹介しました。

 協働推進懇談会など事務局のメンバーの入念な事前準備のおかげで、協働の推進に向けて市民、行政職員が交流を深める有意義な時間を過ごすことができました。


※後日追記
ケーブルテレビ局のJCN埼玉のニュース「週間デイリー埼玉」でとりあげられました。
posted by コラボブログ at 23:40 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)