2011年02月21日

わかゆり学園のさをり織り


今日は、川口市心身障害福祉センターわかゆり学園を訪ねました。前々からぜひ一度うかがいたいと思っていましたが、やっと実現しました。

小冊子「西川口ストーリー」2号の巻頭グラフに「さをり織り」の写真を掲載したいと思ったためです。川口の染織のことは前に書きました。そのつながりで今回はエーブルアートの取材です。

夕方4時に赤井にある学園に到着しました。
厚生第2係長の丸畑昭彦さん、さをり班の皆さん、庁内協働推進ワーキングチーム・リーダーの石川哲也さんが迎えてくださいました。
P2210040.jpg

「さをり織り」とは、大阪の城みさをさんが創めた自由な手織りのこと。「教えない 引き出す」が理念で全国に広がっています。

わかゆり学園でも「さをり織り」に取り組んできました。
P2210027.jpg

もともと私は糸の色を自由に組み合わせた「やたら織り」が好きです。
P2210032.jpg

P2210033.jpg

さをり織りはさらにみずみずしい感性が引き立ちます。
P2210041.jpg
クリックで拡大

 こちらはボランティアの方がサポートした端正な織り。
P2210042.jpg

どちらも素晴らしいですが、さをりならではの自由な才能で織りあげた作品に圧倒されました。
P2210035.jpg


 気軽に身近に手にするところが増えるといいですね。コ・ラボに1つ置いておこう。




タグ:川口市
posted by コラボブログ at 22:43 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43548956

この記事へのトラックバック