2011年02月19日

肥留間農園(鳩ヶ谷)で餅つき 2月19日


鳩ヶ谷の肥留間農園の餅つき大会に参加してきました。埼玉高速鉄道の鳩ヶ谷駅から500mの都市近郊に、こんなに豊かな場所があるなんて。お邪魔するのは2回目です。今回は、NPO法人緑を創る会の川本昇さん、八重さんに誘われ、ちばきゅーこと千葉俊介さんとご一緒しました。

110219_1134~01.jpg

広い農園には、古い柿の木がたくさん。鳩ヶ谷の「辻柿」といえば、江戸時代は大変有名で、小ぶりで味が良いと評判が良かったそうです。
110219_1117~01.jpg

神社もあります。
110219_1134~03.jpg

母屋の前で開催されました。
hirumanoen.jpg当日配布されたマップ(クリックで拡大)

お子さん、パパ、ママが大集合。朝早から集合し、大忙し。みんなで料理しながら、いっしょにお昼。箸、お椀、コップ、お皿、食器用ふきんはみな持参。コ・ラボチームは途中から参加。

杵を持つのは現当主の肥留間広幸さん。手馴れた手つきに子供たちも興味津々。
子供たちも挑戦。
110219_1226~03.jpg

お米は、昔しながらの本格的なかまど炊き。一味違います。
110219_1246~02.jpg

うるち米のほか、よもぎ、古代米のおもちも登場。すごい!
味は、きなこ、あんこ、大根おろししょうゆ。
110219_1152~01.jpg

あったかい、だご汁?もいただきました。
110219_1153~01.jpg

とれたての白菜、だいこん、ほか野菜たっぷり、鳥だしでおいしい!
110219_1159~01.jpg

漬物や手づくりキムチもいただき、スローライフな雰囲気を満喫。すっかり幸せな気分にひたりました。
110219_1154~01.jpg

東京からこんなに身近な地域で、楽しめる川口・鳩ヶ谷エリアはすごい。埼玉県もちょこたびに力を入れています。広がるといいですね。

メモ
肥留間農園(通称Hiro農園) 埼玉県鳩ヶ谷市辻863-1
posted by コラボブログ at 16:45 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43495406

この記事へのトラックバック