2011年01月29日

西染織工房を訪ねる


染織家の西耕三郎先生の工房を訪ねる見学会を木村裕美先生のコーディネートで開催しました。先生のアトリエは西川口駅東口から近い並木2丁目の先生のご自宅の一角にあります。

工房の中は、創作の現場の空気で、かべには染織に使う刷毛がたくさんかけてあります。

kozaburo_nishi.jpg

先生はわかりやすく、インド・アジアから伝わる染め文化、芹沢_介をはじめとする民芸の系譜、東京の染めもの産業の分布、川口の横曽根の染織産業の話しをしてくださいました。

「これは松葉、これは立湧、これは菖蒲革・・・」

これらは文様の名称です。江戸型染の膨大なコレクションを所蔵されています。それらをひとつひとつ、真近かでじっくり拝見させていただく貴重な機会をいただきました。

katagami.jpg

「よく見ると、切り抜いたところに細い糸が貼ってあるでしょう。補強のためです。」

この線は染めて出てしまわないんですか?

「それが出ないように染めるのが技術です」

精緻でみごとな手しごとの奥深さに参加者からため息が漏れます。

「伝統はただ真似してるだけじゃだめ。さらに昔しを研究し、その上で新しいことに挑戦しないと。」

西先生な奈良の天平時代の纈纐(こうけち)染の研究をされました。その上で陶芸でいう貫入が入ったような独自のスタイルを築きました。それゆえ西先生の着ものデザインには伝統と新しさがあります。

「宮代には熱心なグループがいて教えるため通っています」
「川口も工芸はじめ誇れる文化がある。地域の資源をもっと活かさないと」

アトリアで、「川口の匠」という本の出版を企画しているそうで、楽しみです。

染めや文様デザインの奥の深さと西先生の言葉が印象に残った一日でした。


posted by コラボブログ at 22:25 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2011年01月15日

春節餃子パーティ 2月5日(土)


旧正月にあたる2月5日、西地区戦略会議の主催で、国際交流、在住外国人支援を目的として、「春節餃子パーティ」を企画しています。

Shuijiao.jpg
水餃子(転載

春節(今年は2月3日から)は、中華系の中国、台湾、シンガポールなどではお休みとなります。

川口にはたくさんの中華系の方が住んでいます。統計(平成21年度川口市統計)によれば、川口市の外国人登録者は、平成21年現在20,362人で、うち中国籍の市民が、11,376人です。
中国籍は、5年間で1.8倍に急増したことになります。とくに西川口のある横曽根地区は多く、まちでも中国語をひんぱんに耳にします。商店街も中華料理店が増えました。多文化共生は、なかなか難しい問題ですが、まずは交流し、お互いを知ることが重要ですね。

kawaguchi_pop2010.gif
外国人登録者数(川口市統計2010年) *図はクリックで拡大


 春節に実家に帰る人も多いと思いますが、留学生や仕事で日本で過ごす方も多いでしょう。
コ・ラボ西川口で餃子を食べながら交流したいと思います。


             記

日時:2月5日(土)14:00〜16:00 餃子づくり
           16:00〜18:00 懇親会
会費:500円(材料・飲食費)
内容:国際交流員の晏(アン)さんをはじめとする中国の方と春節を祝い、一緒に餃子をつくりましょう。懇親会からの参加もOKです。

定員:20名
場所:コ・ラボ西川口(西川口1-29-1)西川口駅西口徒歩3分
申し込み:かわぐち市民パートナーステーション事務局
     kawa-cir@city.kawaguchi.lg.jp(国際化担当)


餃子のほか、春節の伝統的なお菓子「糖蓮子(たんりぇんず)」も食べます。蓮の実でつくった甘納豆で、主として南部の地域で食べます。

tanglianzi.jpg
糖蓮子(たんりぇんず)



posted by コラボブログ at 12:17 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2011年01月14日

いなり寿しを食べよう 2月1日


 川口では、初午(はつうま)に、いなり寿しを食べる習わしが昔しからあります。
2011年は、2月1日が初午です。

 初午とは2月の最初の午の日をいい、この日は全国各地の稲荷神社で祭礼が行われます。稲荷神社は、食物の神、農耕の神である宇迦之御魂命が祀るものです。初午は春の耕作の初めに田の神をオクヤマからサトにお迎えするという意味がありました。祭礼は、二の午、三の午と続きます。
 
 稲荷は、火伏せ(ひぶせ)の神様でもあります。近くでは、王子稲荷神社(北区岸町)の火防守護の凧は有名ですね。
 川口は、昔から鋳物屋さんが多く、火を扱うので、稲荷を多く祀っていました。川口神社も
宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)を祀っており、鋳物の守護神となっています。
 西川口では、東口の駅近くに、まさき稲荷があります。

66.JPG
川口神社(転載

 初午のときは、工場も火を休めて祭日とし、いなり寿しを食べました。

Inari-zushi.jpg
いなり寿し(転載

 2011年は2月1日が初午なので、いなり寿しを食べたいと思います。

 鋳物工場が多かった金山町、本町あたりには、昔しながらのいなり寿しを売っているお店があります。「キューポラのある街」にも出てくる本町の和菓子屋「太陽堂」さんは昔から営業しており、昔しのままのふっくらとしたいなり寿司を売っています。

taiyo06062901.jpg
太陽堂(転載

 第一回川口B級グルメ大会(2008)で優勝した「キューポラ定食」に入っていた「鉄骨いなり」も、もちろん、川口のいなり寿しの食文化を引き継いだものです。ちなみに定食セットのもうひとつのメニュー「雷すいとん」は、川口の安行などで食べられていた「だご汁」を、元にしたものだそうです。

 昔なつかしい食の習慣、大切にしてゆきたいですね。
 
posted by コラボブログ at 00:06 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2011年01月11日

小麦まんじゅうを食べよう 1月20日!


【新春特別企画】小麦まんじゅうを食べよう

むかし川口では、1月20日、小麦まんじゅうや麦こがしを食べるのが習わしでした。
昔なつかしい味を食べてみませんか?

komugimanjyu.jpg
千葉県のホームページより

西川口の和菓子「有明」さんに特別の協力で、小麦まんじゅうのシンプルな味を再現、復刻してつくっていただけることになりました。

この機会にぜひ食べてみたい!という方、お気軽にコ・ラボ西川口までお立ち寄りください。なくなった場合は「麦こがし」をお出しします!


企画:【新春特別企画】小麦まんじゅうを食べよう
日時:1月20日(木)12時00分〜14時00分
参加費:100円
    ※限定30コ(限定)
     お茶をお出しします
posted by コラボブログ at 10:06 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2011年01月10日

まゆ玉団子をつくろう 1月14日


 川口では、昔し、1月14日、まゆ玉団子といって、米の粉で団子をつくって、お供えとする習わしがありました。門松など正月の飾り付けを外して、その場所に、まゆ玉だんごが飾られるます。昔は豊作祈願の予祝行事でした。

yama270.jpg
まゆ玉だんご(転載

 日本各地にある習慣で、団子さしともいいます。

dangosashi.jpg
福島の団子さし  様々な色・かたちがある(転載

 丸だけではなく、その家でつくる作物のかたちの団子を一緒につけました。川口のまゆ玉だんごは、さといも、クワイ、その他の野菜のかたちなどのものがあったそうです。海沿いの地域では鯛をかたどった団子をつけるところもあります。

 川口では、まゆ玉だんごといっしょに、削り花(けずりばな)をつくります。

img_1497970_50067204_0.jpg
けずり花(転載

 25cmくらいの竹の先を三分の一ぐらいまで二つに裂いて、その先をとがらし、片方にニワトコの芽のついた枝を指し、もう片方には、ニワトコを削ってつくった花を指します。

 まゆ玉団子とけずり花は、14日の午前中につくり、15日の晩に撤しました。

 今でもしている家はどのくらいあるのでしょうか?
コ・ラボでもつくってみたいと思います。

posted by コラボブログ at 01:20 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2011年01月09日

西川口(川口市)で1日映画ワークショップ 開催 栗山宗大氏講師に


西川口のまちづくり社会実験施設コ・ラボ西川口で「1日映画ワークショップ」を開催しました。

C_IMGP1840.jpg

映画や映像を切り口にしたまちづくりに関心のある住民、子供、早稲田大学の学生ら約30人が、まちづくり社会実験施設「コ・ラボ西川口」にあつまり、栗山宗大さん(脚本家・ファイヤーワークス)を講師に、一日で、映画づくりの基本、西川口の歴史や撮影ポイントを学び、脚本づくりから、配役、演出、撮影、編集を自分たちでこなし、最後に映画上映会をおこないました。

イベントの企画の中心になった鏑木亜紗実さん(早稲田大学人間科学部3年)は、「映画を通じて今後もつながりを広げてゆけたら」と意気込んでいます。

参加者の子供たちからは、「おもしろかった」「またやりたい」などの声があがりました。

栗山さんは、最後にシェークスピアの言葉を引用し、「人生すべては劇場」、映画は人づくり、まちづくりにとてもおおきな効果がある。「国語、算数、映画」といわれるように、映画づくりが社会に浸透したらいい、と期待を語り、会を締めくくりました。

コ・ラボ西川口では今後も続きの企画をおこなってゆきます。



posted by コラボブログ at 23:51 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)