2010年01月31日

日本語スピーチコンテスト交流会

DSC01975.JPG
お菓子とお茶で楽しく


川口市などが主催する「第1回外国人日本語スピーチコンテスト」が1月17日、川口総合文化センター・リリアでありました。川口市は県内市町村で最多の2万人の外国人が住んでおり、市民の国際理解や相互の交流を深めるのが狙い。中国、インド、ベトナム、インドネシア国籍の15人の方が日本で体験し感じたことを流ちょうな日本語でスピーチをしたそうです。すごいですね!

 1月31日、スピーチコンテストに参加された方の交流会がコ・ラボ西川口でありました。外国籍市民の参加者11人、市のボランティア3人、職員3人、と早稲田の学生1人の合計18人でした。皆でお菓子を食べながら、話したので、雰囲気がとてもよかったです。コ・ラボ西川口をこのように使っていただき感謝です。川口市が皆さんが住んでいてよかったと思えるグローバル・ビレッジになるといいですね。
posted by コラボブログ at 23:56 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年01月28日

まちづくりの交流&勉強会

 1月28日、コ・ラボ西川口でまちづくりの交流&勉強会がおこなわれました。

100128_1511~01.jpg 離島キッチン開催へ
田村和寿先生のお話 と 勉強会の様子

田村和寿教授(桐蔭横浜大学)に吉祥寺のまちづくり、文化政策と文化行政、などのお話しをうかがいました。民間の発想でまちづくりの理念をまとめることの重要性についてアドバイスいただきました。

また、からくり人形師の半屋春光さん(からくり人形スタジオぎえもん)からは、江戸からくり人形の歴史、からくり人形スタジオぎえもんカフェのお話しをうかがいました。日本に3人しかいないからくり人形師さんが川口にいることを誇りに思いました。ものづくりのまち川口として、日本の伝統文化の緻密な技と精緻な感性を大切にしてゆきたいと思います。

海士町観光協会の佐藤喬さんからは離島キッチンについてお話しをいただきました。チラシの食べ物がとてもおいしそうで当日が楽しみです。
posted by コラボブログ at 23:53 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年01月26日

西川口まちづくり合同会社 設立される

本日1月26日、西川口まちづくり合同会社が設立されました。

西川口の賑わい創出、市街地の整備改善、生活環境・医療福祉の増進、持続可能な環境まちづくり、住民参加型まちづくりファンドの支援、西川口のまちづくりに係る調査・研究・提言などの事業を目的としたソーシャルビジネス志向の会社です。29日登記を終え、今後多様な団体と協働でまちづくりを推進してゆきます。


[問い合わせ]
社名:西川口まちづくり合同会社
業務執行社員:小野田 健治
本社:埼玉県川口市西川口一丁目6番1号

TEL:048-257-1227
FAX:048-256-0057
サイト:http://nishikawaguchi-llc.jp/
メール:info.llc@nishikawaguchi-llc.jp
posted by コラボブログ at 22:49 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)

2010年01月25日

西川口ユニバーサル商店街実行委員会の第1回委員会が開催されました。

西川口西口には8つの商店会組織がありますが、その若手商店主を中心とした有志が「ユニバーサル商店街実行委員会(小久保亮治実行委員長)」を結成、商店会組織の垣根をこえた交流・活性化をはじめました。コ・ラボ西川口を活用した大学・商店会・NPOの協働によるユニバーサル商店街の構築(商店街と大学の連携による協働体制構築事業)を推進してゆきます。

 1月25日、その第一回の委員会が開催され、10人の商店主、経営者、早稲田大学関係者、活動のパートナーとなるNPOや専門家の方が集まりました。市からは、石坂剛(川口市商工課係長)、宗像芳宏(川口市都市整備管理課副主幹)にオブザーバー参加をいただきました。

ユニバーサル商店街 ユニバーサル商店街
小久保実行委員長 / 地域の多くの方が委員会に参加されました。

 最初に、小久保実行委員長から、「西川口はかつて豊かで自由な"漁場"だった。いろいろな人がやってきて魚(利)をとりにきた。今では魚がずいぶんと減ってしまった。これからは、まちを、"養殖所"にしなければならない。魚(人やチャンス)を自分たちで育てながら収獲することが大切だ」と挨拶がありました。

 その後、制度の概要と狙いについて梅宮路子(全国商店街支援センター)さんから説明があり、商店街活性化施策の現状と課題について木村裕美(早稲田大学客員研究員・中小企業診断士)先生からお話しがありました。
 その後、事業の概要について事務局早稲田大学より資料説明がありました。平成21年度、3月までは、早稲田大学と連携して、(1)誰でもわかりやすいメニュー表づくり、(2)ブログ「西川口見てある記」、(3)試食会イベント(離島キッチンとオリジナルメニュー開発ワークショップ)、(4)「コラボ茶会(からくり人形カフェ)」の開催、(5)利用者宅へのユニバーサルメニュー表の配布、(6)ワールド・カフェ(集中討議)の開催、(7)まちづくり体制の勉強会、(8)小冊子「西川口ストーリー」の作成、(9)多言語表記のHP作成などを推進することについて説明があり、質疑応答がなされ、原案のとおり承認されました。

短い期間ですが、どうぞご支援ください。

西川口ユニバーサル商店街HP
posted by コラボブログ at 23:46 | TrackBack(0) | あしあと帳(日記)